アレをアレするブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS Dスタイル ライト・スコープドッグ その2の巻

<<   作成日時 : 2014/04/28 13:16   >>

トラックバック 0 / コメント 0

Dスタイルスコタコつづき。

左腕。

前腕部はキットのポリパーツの寸法に合わせつつ、できるだけ細く見えるように。
ここもCAD→手作業のパターンで。

腕

 


このくらいの感じでデータ起こして

IMG_0262

 


できあがりはこんな具合に。

肩〜上腕はキットパーツをギリギリまで細く削りこみつつ、ライトのそれにしていきます。
なんやかんやしてこんな。

IMG_7908

 



IMG_7909

 


動力パイプは、前回の画像にあった動力パイプの素を、ライターで炙ってやっこくして曲げて合わせる。
原型はプラ棒にパイプカッターでスジ彫り入れたものです。
プラを炙って曲げるよりも、レジンのほうが加減が楽なのでオススメ。
失敗してももう一発抜けばいいし。

ヘビーマシンガンはショートバレル化します。

IMG_0260

 


こんなんもデータ起こしてやったほうが楽。
仕事してる間に作っといてくれるのでほんと助かる。

前回の補足で、ターンピックの基部ですが、ターボのそのままだと厚みが大きくて出っ張りすぎるので、一旦ディテールを分割してから薄く削りこんでやりました。
それで、そのディテール部分なんですが、2mm四方くらいのサイズなので、薄く削るのしんどいです。

IMG_7914

 


ちっちぇえパーツを加工する時は、てきとーなプラ棒なんかに瞬着でとめて、持ち手をつけてやると楽です。


で、あらかた加工が済んだ状態がコチラ。

IMG_0281

 



IMG_0282

 



IMG_0285


アンテナは折れそうなので真鍮線とスプリングに替えました。
ディフォルメモデルなので、太さは太いまま。
胸や胴体の後ろ側、右腕前腕など、設定にあわせてディテールを追加したり潰したり。
スカートはキットの物に盛り削りして作ってます。

関節とかポリパーツむき出しだけど、ペーパーあててパーティングライン落としてから、ガイアマルチプライマー塗ってから普通に塗装してやったら、けっこう大丈夫でした。
ガシガシ曲げたりすると剥がれるかもしれないけど、普通にポーズつける程度なら問題なさそう。


1ヶ月前くらいにテストショット頂いたんだけど、仕事片付かなくて気づいたら〆切まで2週間切っちゃってたので、見えない所とかだいぶアレなことになってたりするんですが、雰囲気は出せたかなと思います。
出来上がりは前の方の展示会の記事か、コトブキヤ秋葉原店で見てくだせえ。
手元に戻ってきたら、ちょっと汚して撮影します。

ひとまずおわり。





P-01 ガイア マルチ プライマー 50ml 【HTRC 3】
ガイアノーツ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by P-01 ガイア マルチ プライマー 50ml 【HTRC 3】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
画像
Dスタイル ライト・スコープドッグ その2の巻 アレをアレするブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる