アレをアレするブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS Dスタイル ライト・スコープドッグ その1の巻

<<   作成日時 : 2014/04/26 11:25   >>

トラックバック 0 / コメント 0

前々回UPした、Dスタイル スコープドッグ・ターボカスタム改造のライト・スコープドッグですが、本日からコトブキヤ秋葉原館4Fで、Dスタイル スコープドッグコンベンション展に展示されとります。
スコタコ買いに行ったついでにでも探してみてね。


で、せっかくなんで、新造部分を中心に簡単に制作過程もUPしてみようかと思いますよ。

脚からねー。

IMG_0364


スネはノーマルのタコからだともう少し近いのですが、ターボからだとだいぶ違う部分です。
まんず、スネ内側のパーツをベースに、ざっくりいじってライトのスネ外側の形状にしていきますよ。

IMG_7896

 

こんなん。
ちなみに、降着などで複雑な関節は全部潰してしまって、膝はキットのポリ、足首は市販のボールに変えてます。
パーツの裏側はパテで裏打ちしてますよ。
で、これを複製します。

IMG_7899

 

こうなりますわねー。
これをポリ挟んで接着しちゃいまして、両方膨らんだスネ(ノーマルタコに近い形状)をまず作ります。
で、内側のメカ露出部分にあたる所の膨らみを削り取っちゃう。
そしたら、マジックで下描きして、メカのサイズを検討しますよ。

IMG_7900

 

これを写真に撮って、CADのテンプレにして、メカ部分のベースになるデータを起こします。

スネメカ

 


テーパーついてるので、左右で反転したような形状になるのですが、わざわざ両方のデータ作って切削してるよりも、芯になるデータ起こして手作業でテーパーつけたほうが早いので、てけとーに押出ししただけのヤツです。
現物合わせで微調整しないといけないしね。

モモ


モモもざっくりとした形状をCADで起こしました。
こちらはボールの受けがあるので、左右反転させて両脚揃えました。
前後左右で面が膨らんだ形状なのですが、膨らみは手作業のほうが僕は楽なので、切削出力してから手で仕上げてます。
別な仕事してる間に、MODELAが芯を作っててくれるので楽ちん。

で、まあなんやかんやでこんな。

IMG_7903



IMG_7904



IMG_7905



IMG_7906


モモはことあともうちょっと面取り変えたりしてます。
足首はキットのを芯に盛り削り。

IMG_7912


足の左右のターンピックとかついてる所は、スネの1次原型みたいに内側のを左右分作って複製して、余計なディテールを削り落として外側用にする方法で揃えてます。
真ん中の棒みたいなのは、左肩の動力パイプの素。
ターンピックはキットのパーツをベースに、削りこんで薄くしたり形状を変更してます。
写真ないけど。


つづくよ!




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
画像
Dスタイル ライト・スコープドッグ その1の巻 アレをアレするブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる