アレをアレするブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS V号突撃砲G型後期 その1

<<   作成日時 : 2014/02/24 21:51   >>

トラックバック 0 / コメント 2

もう2月終わりそうな雰囲気を醸し出しててなんか嫌ねー。

フィニッシャーお仕事がひとつ終わって、現在は原型師モードで稼働中です。
仕事の合間にウェブのほう色々仕込みしたり、確定申告の準備したり、雪かきしたり、アレしたりコレしたり。
あんまりマルチタスク対応型じゃないので、多少アレになってます。


で、ひさしぶりにプラモの記事です。

昨年、弟の誕生日にエレファントをプレゼントしたんですけども。
そしたら来年は3突がいいというリクエストがありまして、兄はせっせと作っております。
なんて良い兄貴なんでしょう。

ブツはドラゴンの3突G型の後期型スマートキットです。
あいかわらずドラゴンの罠が取説の各所に仕掛けられております。
そして、ひっかかっておりますw

まず、ケースに固定するためのナットをシャシに仕込みました。

IMG_7853


良き所に穴開けて、プラ棒とエポキシ接着剤でナットを固定。
この段階で、ケースをどうするかまだ決めてなかったので、ケース側には穴を開けていませんでした。
こういうのは忘れないうちにやっておかないと、あとでめんどくせえことになりますね。
きをつけましょう!

そしてドラゴンの罠にハマる。

IMG_7856


取説を信じて組んだ前面の装甲(D11)
ボディを乗せたら隙間ができるのです。
最初に箱を開けた時に、番号のついてない謎のパーツが1つあったんです。
あったんですよ!
手前のヤツ。
本当はソレをつけなきゃいけないの。

ガッチリ接着しちゃって取れないので

IMG_7857


とりあえず本来のパーツの上端だけ切断。
つけちゃったパーツの上を超音波カッターで切除して、現車合わせで接着。
下の厚みが足りない部分はプラ板で作り直しました。

あとは、ボディの方がバラバラなのですが、組み立てる順番をよく考えて組まないと、わりとめんどくせえことになります。
天面は最後に接着したほうがよさそうです。

おっちゃんを搭載するので、どうせ見えないから中身は諸々省略。

IMG_7867


おっちゃんはミニアートのSPGクルーセットのCさん。
ドラム缶風呂に入ってる感。
なんか腕が長いんで、ちょっと削ったり角度変えたりしました。


とりあえずだいたい組めた。

IMG_7871


トラベリングクランプのチェーンは、エッチングが付いてることになっているのですが、付いてないので手持ちのチェーンをてけとーに付けときました。
ちょっとデカイけど。
履帯はベルトなので楽。
予備履帯がついてないので、どうしようかなーと思ってたのですが、積んでる在庫に同じ形の履帯でマジックトラックの入ってるのがあったので、そいつからちょこっと拝借しました。
積んでてよかった!

IMG_7874


荷物どうしようかなーとか。
積まなくてもカッコイイんだけど。

ケース買わなきゃなーと思ってたのですが、

IMG_7872


ケースも家にあった!
積んでてよかった!w
ちょっと探すとなんでも出てくるものw




で、ここまで作っちゃって、まだケースにネジ穴開けていないことに、今気付くという。



つづくよ!


1/35 III号突撃砲G型 1944年12月生産車 (6593)
DRAGON/青島文化教材社
2013-05-16

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 1/35 III号突撃砲G型 1944年12月生産車 (6593) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
やっぱりIII突って不思議な形してて魅力的ですよね。
開発コンセプトが「随伴歩兵の背丈を超えないロープロファイルの火力支援車輌」というのを何とか守ろうとしてた結果、この形状なんでしょうね。

しかし〜、これドラゴンの割と新しめのキットですよね。まだパーツ合わないとか、取説おかしい現象が続いてるんですねぇ。出来上がってくるとかなりカッチョ良くなりそうですね!
ぴったんこのケースが余ってたのはラッキーですね
machineあとム。
2014/03/12 23:39
machineあとム。さん>長砲身は、なんか流れで対戦車自走砲になっちゃいましたって感じがいいですね。
フや消しブラックとかワリヤーオレソヅとかは最近ないみたいですけど、油断大敵です。
えんどー
2014/03/14 11:24

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
画像
V号突撃砲G型後期 その1 アレをアレするブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる